So-net無料ブログ作成

羽生結弦さんが復活!全日本選手権のSPで首位。 [スポーツ]

スポンサーリンク








26日、長野でのフィギュアスケートの全日本選手権男子ショートプログラム(SP)の結果。






1位 羽生結弦 94・36点

2位 町田樹  90・16点

3位 宇野昌麿 85・53点

4位 村上大介 81・28点

5位 無良崇人 78・54点

6位 小塚崇彦 72・39点

7位 山本草太 67・19点





羽生結弦さん、今期の自己最高得点を更新し、一位をとったものの、



演技のミスに納得のいかないようすで、「前回の試合と同じ。前回と同じように喜ぶとはいかないです」と悔しさをあらわにしたが、「スケートができる幸せと喜びをかみしめながら表現したい」をコメントしました。






前回11月からスランプに陥らなくて安心しました。さすがプロ選手です!








そして2位の町田樹さん、「決して完璧な演技ではなかったが、全身全霊をかけてやった。悔いはない。順位を意識しすぎず、あすも自分の演技を皆さまに届けられたらと思う。」





宇野昌磨さん、「自分の中では50点。ところどころ満足いかないところがある。もっともっといける。フリーでは『感動した』と言われる演技をする。」







村上大介さん、「緊張して体が重かった。最後まで転倒しないで演技ができてほっとした。(フリーは)4回転ジャンプを2回決め、ノーミスで滑りたい。」






無良崇人さん「今季の課題である、試合の時の精神状態の悪さが出た。もうちょっと攻めの姿勢でフリーに臨みたい。」



などなど。









さて、今日はフリープログラムですね。







ここから点数は大幅に変動します。選手の皆さんに最後まで本気の、精一杯の演技をして






どのような結果であれ、自分自身で満足のいくフィギュアスケートをしてほしいです!









ほならばまた。あでおす。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。