So-net無料ブログ作成
検索選択

NASAによると2015年1月5日の午前 2時47分に地球が無重力状態に! [生活]

スポンサーリンク




2015年1月5日の午前 2時47分に地球が無重力状態に!


みなさん、ジャンプしてみましたか?
といっても深夜のことなので寝ていた方が大半かと・・・。笑


実は12月、NASAが「太平洋標準時間(PST)の2015年1月4日午前9時47分から5分間、惑星直列により地球全体の重力が軽減され、部分的には無重力状態になる」と発表していました。


太平洋標準時間(PST)の2015年1月4日午前9時47分というのは、
日本時間で2015年1月5日午前2時47分。

この時間に地球は部分的に無重力状態になり、たとえばジャンプをしてみると浮遊状態を味わうことができるかもしれないのだとか。



イギリスの天文学者の、パトリック・ムーアさんによれば、太平洋標準時間で1月4日午前9時47分に、

地球から見て冥王星が木星の真後ろを通ることになり、一瞬、

地球、木星、冥王星が一列になります。


このような稀な惑星配列により、2つの惑星の複合重力が強い潮汐力(引力)を生み出し地球の重力を弱め、一時的に人々を無重力状態にさせるそうです!






木星の公転周期は約12年。そして冥王星の公転周期は約248年。
単純に考えても次にこのような惑星配列になるのは随分先で、極めて稀な奇跡のような体験ができる日が訪れたというわけです。



この星の並びが強烈な引力を生み出し、一時的に地球の重力に対抗し地球が無重力状態になるらしいのです。


ちなみに、計算上ではこの瞬間にジャンプすると最高で3秒浮いていられるらしいですよ。




世界各地でこの瞬間、ジャンプをした人達がいたそうで、「実際に浮き上がった!」などのコメントがあったようですが、はたして・・・。



私はぐっすり寝ていましたので、自分で確かめることはできませんでした。くやじいでず!






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。