So-net無料ブログ作成
検索選択

清純派の有村架純さんが金髪ミニスカのギャル化!映画「ビリギャル」の公開は5月1日 [映画]

スポンサーリンク





『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』が実写映画化します!




1394757097b42bf7c7d40b2f76dde5e32110c98ea4.jpg



聞いたことがあるという人も多いかとは思いますが、偏差値30のギャルが1年半程で偏差値70を突破し、慶応大学に合格したという実話を書いた書籍出版され、これが大ヒットしました。




そしてその人気ゆえにさらに映画化することが決定され、
そのギャルを有村架純さんが演じることになったそうです。







ギャルメイクをした有村さんのビジュアルが公開されました!



001.jpg





まさか有村さんがギャル化とは・・・。





これには本人も自分の姿が見慣れないらしく、






「自分自身の姿にまだ見慣れないですけど、すごく新鮮です。なんだか自 分が強く居れる気がします。でも、スカートが短くて、はいている感覚がないんですよ」




と言っています笑







このベストセラー書籍を実写映画化した『ビリギャル』は5月1日公開予定だそうです!













それにしても高2の時点で、聖徳太子を知らず、日本地図も書けず、英語をまったく読めないような状態から
たった1年ちょっとで慶応に現役で合格するなんてすごいですね。


受験を経験した人なら分かると思うんですけど、普通に人ってそんなに簡単に成績ってあがらないんですよね。


勉強し始めはあがりやすいかもしれないけど、ある程度のところまで勉強すると、どうしても停滞期がきてしまいます。
自分はその停滞期が長すぎて浪人してしまいました。笑


ちなみに自分は高校2年生の夏頃から予備校にはいって、本格的に受験勉強をはじめたんですけど、



この『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の主人公さやかちゃんが勉強を始めた時期と大体同じだと思います。







で、自分なりにこれ以上ない!と思うぐらい頑張ったんですけど、成績がなかなか伸びずに浪人してしまうことに。
正直受験勉強を始めるまでは、「自分はやればできる」「勉強を始めれば絶対すぐに成績も伸びる」と自信満々だったのですが、

実際に取り組んでみて、それがどれだけ甘い考えだったか思い知らされましたね。




その頃に努力だけじゃどうにもならない、「才能の壁」の存在に気づきました。
それまでの「努力すれば絶対になんとかなる」ってガイ先生みたいな考え方が蹴散らされて、少なからずある程度のレベル以上に到達するには「才能」が必要なんじゃないかなと思うようになりました。










話が逸れてしまいましたが、1年で偏差値30から偏差値70になるのってとてつもなく大変で、この話のさやかちゃんは本当にすごいなぁと思います。



なので個人的にこの話はすごく好きで映画化されることに興奮してしまいました笑










そういうわけで、

有村さんが主演を務める『ビリギャル』の公開を楽しみにしております。








みなさまもぜひ見てみてください。あでおす!





スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。