So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

鳥谷敬さんがメジャー断念。阪神残留決定! これからも阪神で鳥谷さんみれるよー [スポーツ]


鳥谷敬さんが阪神残留う!

メジャーにはいかなかったのか。
阪神に残って嬉しいという人と、メジャーに挑戦して欲しかったのに残念だという人と意見が別れそうでございます。

阪神には10年以上在籍してるし、鳥谷さんが抜けたらいろいろと問題も生じるだろうし・・・。
かなり悩んだ末の結論なのでしょう。




なんにしても鳥谷さんの活躍の場は阪神だともう決定したことなので

これからも鳥谷さんの阪神での活躍に期待です!!

羽生結弦さん、尿膜管遺残症の手術を受け6週間練習できず。世界フィギュアスケート選手権への影響も考えられる [スポーツ]



全日本選手権が終了したのち、尿膜管遺残症の手術を受けた羽生結弦さんが、リンクから離れることになりました。

これから約2週間入院し、退院した後も1ヶ月間の療養が必要。


3月には上海で世界フィギュアスケート選手権が開催されますが、手術の影響が出ないことをお祈りします。



万全の体調で臨んで欲しいですね!!!






ちなみに、尿膜管遺残症とは





赤ちゃんはへその緒を通じて母親から栄養を貰ったり老廃物を排出してるわけですが、
このやりとりのために、膀胱とヘソを繋ぐ管が存在します。これが尿膜管というのですが、一般的には尿膜管は成長とともに閉鎖されます。





しかし、成人の約2%が完全に閉鎖されず、そこに分泌物がたまるために炎症を起こします。それが今回羽生さんが患った尿膜管遺残症です。




症状はへそからの尿の漏出、へそ周囲の炎症や腹痛で、羽生さんはずっと腹痛を抱えていたようです。
全日本選手権の時、フリー演技を行った翌日のエキシビジョンも表彰も欠席していたぐらいですので、よほどの痛さなのではないかと思われます。




そのような状態であれだけの演技をできるってすごいですね。







今回手術を行い、6週間ほどは練習もできないようですので、大会への影響は少なからず出てしまうかもしれません。

ですが今は治療に専念してゆっくりとして頂きたいですね。






羽生さん、ファイトです。


2015、第91回箱根駅伝往路の結果。1位は青山学院大! [スポーツ]



第91回箱根駅伝の往路5区間(東京・大手町~神奈川・箱根町、107・5キロ)

!が初の往路優勝

タイムは5時間23分58秒でした。


続く2位は明大


3位には前回優勝の東洋大

4位は駒大


5位は中央学院大



明日3日の復路は5区間、109・6キロで行われます。


さて結果はいかに・・・



羽生結弦さんが復活!全日本選手権のSPで首位。 [スポーツ]





26日、長野でのフィギュアスケートの全日本選手権男子ショートプログラム(SP)の結果。






1位 羽生結弦 94・36点

2位 町田樹  90・16点

3位 宇野昌麿 85・53点

4位 村上大介 81・28点

5位 無良崇人 78・54点

6位 小塚崇彦 72・39点

7位 山本草太 67・19点





羽生結弦さん、今期の自己最高得点を更新し、一位をとったものの、



演技のミスに納得のいかないようすで、「前回の試合と同じ。前回と同じように喜ぶとはいかないです」と悔しさをあらわにしたが、「スケートができる幸せと喜びをかみしめながら表現したい」をコメントしました。






前回11月からスランプに陥らなくて安心しました。さすがプロ選手です!








そして2位の町田樹さん、「決して完璧な演技ではなかったが、全身全霊をかけてやった。悔いはない。順位を意識しすぎず、あすも自分の演技を皆さまに届けられたらと思う。」





宇野昌磨さん、「自分の中では50点。ところどころ満足いかないところがある。もっともっといける。フリーでは『感動した』と言われる演技をする。」







村上大介さん、「緊張して体が重かった。最後まで転倒しないで演技ができてほっとした。(フリーは)4回転ジャンプを2回決め、ノーミスで滑りたい。」






無良崇人さん「今季の課題である、試合の時の精神状態の悪さが出た。もうちょっと攻めの姿勢でフリーに臨みたい。」



などなど。









さて、今日はフリープログラムですね。







ここから点数は大幅に変動します。選手の皆さんに最後まで本気の、精一杯の演技をして






どのような結果であれ、自分自身で満足のいくフィギュアスケートをしてほしいです!









ほならばまた。あでおす。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

NHK杯、結果は村上大介選手が1位、無良崇人選手が3位、羽生結弦選手は4位でした。 [スポーツ]







ショートプログラムの得点、78.01点の羽生結弦選手。

冒頭、4回転サルコウがダブルに。そして4回転トウループで転倒と、序盤の調子は良くなさそうでした。


中盤は華麗なジャンプを披露させたが、後半ではまた不調に陥り、ジャンプがうまくいかず・・・。






FS得点は151.79点(技術点70.31点、演技構成点82.48点、減点1.00点)。

SP、FSの合計229.80点でした。










今大会結果は、

1位 村上大介選手

2位 セルゲイ・ボロノフ選手

3位 無良崇人選手



そして4位に羽生結弦選手であった。







羽生選手は

「皆さんがまず思っているのはけがの影響だったり、練習できなかったとかそういうふうに思われると思うんですけど、そうじゃなくてこれが自分の実力だなと感じています。」

と気持ちを綴った。






中国杯での事故の後に通しで演技の練習はできていないようですが、

「通しではできていないですね。けがのあとスピンとステップを入れて今日、初めてやったと いう形になるんですけど、僕がやってきた練習はけがをする前から練習してきたわけです。10何年間もずっと練習してきているので、正直こんなものなのかと。」




ミスの原因については、



「精神的な部分が強いんじゃないかと思っています。ショート、フリーともに6分間練習では良かった。 ショートも失敗から自分で反省して、今回はわりと練習に左右されずに本番は本番と切り替えていこうと思ったんですけど、ちょっと気持ちが焦っちゃいましたね。」




この大会で感じたことは、

「自分の弱さですね。けがとかそういうのは関係ないんですよ。だって僕、前回の大会で本当に痛かったんですけど、全部回れているんですよ。ということはできるはずなんです。でも、できないということは何かが足りない。それは自分の甘さだし、これからまた練習するにあたり、試合に臨んでいくにあたり、越えないといけない壁だと思っています」


とインタビューに答えました。









GPファイナルに出場できる選手は、3位までの3名。




羽生選手にも出場して欲しかった・・・。


ですが!




村上選手、無良選手がランキングに入っておりGPでの活躍が期待されます!







村上選手は終始安定した演技で会場を盛り上げましたね!
無良選手はジャンプがうまくいかなかった場面もみられましたが、華麗な演技で3位。
素晴らしかったです。






良かった点、反省すべき点を皆様それぞれ見つけられたと思いますし、今大会、さらなる成長へのバネへとなったんじゃないでしょうか。







羽生選手、スランプにはまらなければいいですが・・・。












今後も応援応援応援!ではあでおす。

タグ:NHK杯 結果

NHK杯、羽生結弦選手、SPでは5位。FPでの逆転なるか・・? [スポーツ]



大阪のなみはやドームで行われたGPシリーズ第6戦・NHK杯男子ショートプログラムでは、
中国杯で他選手と衝突し、負傷した羽生選手が78・01点で発進となった。




GPファイナルに出場するには、NHK杯で3位以内に入らなければならず、29日のフリープログラムで逆転することが必要である。






中国杯での接触事故から日は浅く、コンディションが万全といえないと思われるなかで出場した今大会、6分間の練習の中で見事に4回転トゥループを成功させました。
見守るファン達からは大きな拍手が沸き起こり、多くの人が「羽生選手なら怪我の影響を吹き飛ばしてくれるかもしれない」と期待をもったと思います。





ですが本番、冒頭の4回転トーループ、後半の3回転+3回転コンビネーションジャンプを成功させることができず、得点は78・01点となり、結果は5位。





これに対して本人は

「6分間練習では跳べていた。跳べているものが跳べていないのだから、それは僕自身の実力の問題。」
と言い、「自己採点は30点」と自分の演技を評価した。






続くフリープログラムはコンディション面、メンタル面が心配されるが、ショートプログラム終了後の取材では、「悔しいが、この感情は明日のフリーに向けてプラスになると思う。」と前向きな発言をした。




さらに、ミスをしたジャンプの反省点についても既に修正すべき点を見つけているようで、




羽生選手の逆転は大いに期待できます!













羽生選手は非常にメンタルも強い選手なので、あとは彼を信じてフリープログラムも応援させて頂きたいと思います!!













ではGOOD LUCK。あでおす。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

男子テニスの今季最終戦・ファイナルが地上波で放送!準決勝の錦織圭vs ジョコビッチ。 [スポーツ]



男子テニスの今季最終戦、バークレイズ・ATPワールドツアー・ファイナル!

ロンドンでの第7日目の準決勝。
われらが日本の錦織圭と、セルビアのノバク・ジョコビッチの男の熱き戦い。


に.jpg


対戦結果は
1―6
6―3
0―6
で敗れてしまい、決勝進出を逃したものの、


世界ランキング1位のジョコビッチ相手に錦織、よく戦ってくれました。



対戦相手のジョコビッチは1次リーグでは3試合全てをストレートで勝ち越してるんですよね。。。

第2セットはほんとに力強くセットを奪えたが、ファイナルセットは調子が出なかったようです。
今大会で本人にも課題も見つかったかと思われますが、またそれ以上に飛躍したと思います。

フェデラー、フェレール戦もお疲れ様でした!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。